カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日本の精神は箸使いから?

日本の高校、入学試験に「箸の使い方」を追加予定
[東京 10日 ロイター] 読解力や文章作成能力、計算能力を験すだけでなく、ある日本の高校は入学試験に「箸を使う技術」を試験科目に追加する計画だという。
この試験科目を検討しているのは久田学園佐世保女子高校。その内容は、10分間に渡ってお皿の上にのせられたビーズやおはじき、サイコロ、豆などを別の皿に箸で移すというもの。
同高校の教頭は「我が校は日本のスピリット(精神)に教育の重点を置いています。生徒にも理解してもらいたいと思います」とコメント。
この教育方針は、安倍晋三首相が提言する「美しい国づくり」に同調しているように見えるが、学校の伝統として茶道や華道に注力してきたため、その一環として試験に「箸の使い方」を取り入れることを決定したという。
試験で緊張する受験生のため、同校は使いやすい断面が六角形の箸を用意する。
定期的に行われる調査によると、日本では正しく箸を使えない若者の数が増加傾向にあり、日本人の悩みの種となっている。
また一部の親は「トレーニング用の箸」を購入し、正しい使い方を子供に教えているという。
教頭は語る。
「しかし成績優秀であれば、心配する必要はありません。他の科目で良い点数をとれば、箸の使い方に問題があるというだけで不合格になることはないでしょう。我が校がいかにこういった点を重視しているか生徒たちに知ってもらいたいだけなのです」


 幼稚園とか、小学校の入学試験にもこれを採用すればいいのに。そしたら子供を有名校に入学させるために、子供に正しく教える必要が生まれ、先ず箸が正しく使えない親から矯正することになる。教育ママでも箸の使い方が出来ていないって人は多いだろうし。。。
[PR]
by Dicco | 2007-01-13 11:21 | 独り言