我楽多が沢山


by Dicco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

今は〜もう〜動かない〜...

はく製館だけ満員御礼!? 哀愁の動物園
小さな小さな園内に、なぜか「はく製」だけが充実している動物園がある。長野県の「須坂市動物園」だ。ちなみに、私の地元で、幼い頃からよく行く場所なんだが。
昭和9年に「サル舎」として始まったものが、昭和37年に動物園として開園。その後、何度かのリニューアルや拡張をしているものの、はく製館は開園当初からあるそうだ。
ここには79種類(398点)という動物がいるが、内訳はチャボやウサギ、インコなどが中心で、ペットショップか学校の飼育小屋かと思うほど。なのに、一角にある立派な「はく製館」には、ざっと見て20〜30種という動物が所狭しとひしめき合っている。
驚くのは、さらにそれらがみな、かつての動物園の人気者たちで、死んでしまった後に「はく製」として展示されているということ。
たとえば、昔、動物園の花形だったライオンも今では「はく製館」の仲間入りをしており、久しぶりに園を訪れた私の両親などは「ライオンを見よう!」と勇んでいたが、その姿が見つからず、「はく製だったアレが、そうなのか…」と肩を落としていた。また、ペリカンがいなくなったと思い、はく製館を見てみると、見慣れた姿がそこにあったなんてことも。もう懐かしいやら、寂しいやら…。
ちなみに、かつてはなぜか発砲スチロールに針をいっぱい刺しただけの「ハリネズミ」なんて、悪ふざけのような「なんちゃってはく製」も混ざっていたが、今では立派なメンツが勢ぞろいしている。すっかり満員御礼のはく製館だが、今後、新たな動物が入る可能性はあるのか?と聞くと
「今は、はく製にしてないですからねぇ。それにもう、スペースがないでしょう」
とのこと。それにしても、子持ちになって初めて行ったが、自分自身の変化とは無関係に、かつての人気者たちは昔のままの姿だった。なんだかちょっと、哀愁です。


 何だか東京タワーの蝋人形館みたい。。。Dieは剥製って結構苦手なんだよね。命がないのにリアル過ぎて気持ち悪いっていうのかな…。今にも動き出しそうだけど、本来動いてはいけないもの、ってことで「動いたら嫌だな」的な恐怖心が湧きだしてくるんだよね。まぁ考えてみれば死体を見ているようなものだから怖くて普通なのかもしれないけど。
 でも、ミイラは見ても『おおっ!』って感じで怖いどころか食い入るように見てしまう。その辺、矛盾しているなぁ…。汗;
[PR]
by Dicco | 2006-12-15 15:18 | 独り言