我楽多が沢山


by Dicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

F1伊国GP

第13戦・イタリアGP決勝
 [アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(1周5.793km)]

 フェラーリの母国イタリア、1922年に開設された歴史ある超高速サーキット、緑豊かな、ここアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァは、気温は28℃、路面温度は34℃のドライコンディション。

 フェラーリの聖地でフロント・ロー、セカンド・ローを独占したのはマクラーレンの2台。K・ライコネンは予選前の大クラッシュが響いたのか、N・ハイドフェルドに、僅か0.009秒差で4番グリッドを奪われ、5番グリッドからのスタートとなった。
 レッド・シグナルが消えると、PPスタートのF・アロンソは好スタートを切る。しかし、2グリッド・スタートのL・ハミルトンと3番グリッド・スタートのF・マッサが1コーナーで接触しながら2番手を争う。辛くも2位につけたのはハミルトン。その直後では、ソフト・タイヤでスタートした5番手ライコネンがハイドフェルドを交わし4位浮上。

 2周目、D・クルサードのフロント・ウィングが破損し、クルバ・グランデのタイヤバリアにクラッシュ。無事にマシンから脱出したものの、マシンと破片の撤去のためにヨーロッパGP以来のセーフティ・カー導入。

 7周目にセーフティ・カーがピットに戻りレースは再開。その直後、9周目にマッサがピットイン。タイヤ交換と給油を済ませてコースに戻るが、マシンのスピードが上がらず次の周に再びピット・イン。修復を試みるがリタイアとなる。

 その間、マクラーレンの2台は後続との差を広げ、15周終了時には首位アロンソとチ3位に浮上したライコネンの差は約10秒に拡大。しかし、19周目にハミルトン、21周目にアロンソが1回目のピット・ストップを行ない、ライコネンが暫定首位に浮上する。

 ライコネンは26周目までピット・ストップを遅らせ、ソフトからハードにタイヤに履き替え、長めの給油。1ストップ作戦が確実となった。再びアロンソ、ハミルトン、ライコネンの順位となるが、もう一度ピット・ストップを行なうマクラーレン勢はライコネンとの差を広げるためペースを上げる。

 41周目、ハミルトンが2度目のピット・ストップを行なうも、その間にライコネンが2位浮上。しかし、2周後の43周目、ハミルトンが1コーナーでライコネンのイン側に飛び込みオーバーテイク、2位の座を奪い返した。アロンソは2回目のピット・ストップを終えてトップでコースに復帰。そのままリードを守り切りチェッカーを受けた。

 アロンソは、第10戦ヨーロッパGP以来の優勝で今季初めて4勝を挙げたドライバーとなり、通算19勝目。さらに今季2度目のポール・トゥ・ウィンで、今季3度目のファステストラップもマークし、イタリアGP自身初勝利を飾った。2位はハミルトンで、今季7勝目を挙げたマクラーレンは今季4度目のワン・ツーフィニッシュも記録している。3位はライコネン。

 今季ベスト・タイの10番グリッドからスタートした、J・バトンは8位入賞。今季2度目のポイントを獲得している。
 
 ドライバーズ・ポイントは、首位ハミルトンと2位アロンソの差が5ポイントから3ポイントに縮まる。ライコネンは3位に浮上したものの、ハミルトンとの差は18ポイントに拡大。リタイアに終わったマッサは首位から23ポイント差となった。

結果
[PR]
# by Dicco | 2007-09-10 00:31 | スポーツ・文化

F1土国GP

第12戦・トルコGP決勝
 [イスタンブールパーク・サーキット(1周5.338km)]

 上海国際サーキットなどを手がけるドイツ人デザイナー、ヘルマン・ティルケが設計し2005年に完成した。数少ない反時計回りのイスタンブールパーク・サーキット、決勝は晴天に恵まれ、気温35℃、路面温度51℃のドライコンディション。

 スタート前、Hondaの2台はエンジン交換のペナルティを受け、J・バトンが21番グリッド、R・バリチェロが最後尾の22番グリッドに降格となった。

 普段使用されていないコースだけに偶数列不利と言われていたが、案の定、スタート直後、3番グリッドのK・ライコネンがL・ハミルトンをかわして2位に、F・アロンソはBMWザウバーの2台に先を行かれ、2位降格の6位にと、2番、4番グリッドに付けたマクラーレンが2台とも順位を落とす。また、その後方では9番グリッドからスタートしたJ・トゥルーリが、他車と接触。ハーフ・スピンし21番手に後退する。

 PPからスタートしたF・マッサと、それに続くライコネンは順調に周回を重ね、ハミルトンを引き離し、1,2体勢を徐々に築いていく。
 13周目に入るところで1度目のピット・ストップが始まり、上位勢では最後にピット作業を行なったハミルトンがフェラーリ勢に迫るが順位は変わらず。一方でN・ハイドフェルドに前を抑えられていたアロンソが4位に浮上。今回もマッサ、ライコネン、ハミルトン、アロンソの順位で4強が上位を形成する。

 1度目のピット・ストップが終わった時点では、ライコネンとハミルトンのタイム差は約2秒だったが、周回が進むにつれ6秒以上のギャップに広がる。アロンソは、ハミルトンの約14秒後方を走行。ライコネンは2度目のピット・ストップを前に、マッサとの差を1秒以内に縮め、残り17周でピット・イン。しかし翌周にピット作業を行なったマッサは、トップの座を守ってコースに戻っていく。

 残り16周目、ハミルトンを異変が襲う。突如右フロントタイヤがバーストし、スローダウン。辛うじてピットにマシンを戻し、タイヤ交換と給油作業を終えるが、5位に後退。その直前にピット・ストップを済ませていたアロンソが3位にポジションを上げる。その後、ペースの上がらないハミルトンに6位走行のH・コバライネンが迫っていくが、ハミルトンが5位を死守。

 小さなミスはあったものの常に安定した走りを見せたマッサが自身通算5勝目、第4戦スペインGP以来8戦ぶりの今季3勝目、そしてトルコGP2年連続のポール・トゥ・ウィンを達成。フェラーリは第9戦イギリスGP以来の今季6勝目を挙げた。これで4強、ハミルトン、アロンソ、マッサ、ライコネンが各3勝ずつと並んだ。
 優勝こそ逃したがただでは終わらせないライコネンは56週目にペースを落とし、前方をクリアにした状態から、57周目に2戦連続今季5度目となるファステスト・ラップを記録し2位でフィニッシュ。フェラーリは第8戦フランスGP以来、4戦ぶりのワン・ツーフィニッシュ。終始辛い走りとなったアロンソだが、運を味方に付け自身F1出走100戦目を3位表彰台で祝った。

 ドライバーズ・ポイントは、トップのハミルトンとアロンソの差が5ポイントとなり、また、マッサがライコネンを抜き3位、ライコネンがマッサと1ポイント差の4位。ますます目が離せない闘いとなっている。

結果
[PR]
# by Dicco | 2007-08-27 01:31 | スポーツ・文化

KKP #001

小林賢太郎プロデュース公演 「good day house」
/ ポニーキャニオン
ISBN : B0007V77YO
スコア選択: ★★★★☆

 小林賢太郎プロデュース作品、第一弾『good day house』を購入した。彼の作品(KKP作品)を観たのは、「Paper Runner」「Lens」に続いてこれで3本目となる。

 作品の舞台は、1Fカフェ、2F学習塾、3Fアトリエ、4F大家の住居という4階建てのビル。そのビルのリフォームで呼ばれたカタクリ工務店の店員(片桐仁)と、ビルのテナントとなる人々とのやりとりを描いた内容。

 各階毎に色分けがシッカリされていて、1Fでは少し退屈で間延びした感じを受けるが、物語の舞台となる場所の説明や、イメージなどを理解させる場となっており、物語の『起』がシッカリと描かれている。
 2Fでは片桐仁らしい、コミカルで何処か抜けたキャラクターを前面に押し出し、更にテンポの良いコント仕立てで間延びした空気をガラッと変え、観る者を一気に引き込んでいく。
 3Fは、簡単に言えばラーメンズのコントである。この階だけをカットしてラーメンズのコント集に収録しても違和感がないくらい、普通にラーメンズのコントとして成立している。
 そして物語の結末となる4Fでは各階の続きという流れも含みつつ、今後のこのビルをイメージさせる作りとなっている。

 最後まで観終わって感じたことは、やはり1Fが捨て駒的な扱いをされているなぁ〜という気がするが、まぁ第一作目ということもあり、その辺については仕方ないのだろう…という感じ。舞台が(同じビルではあるが)1個所ではなく、階によって場面が変わるという仕切がされているので、どうしても各階毎の評価をしてしまうが、全体的に観た時に終盤が盛り上がり、印象が強く残るのは仕方のないことなのかもしれない。

 個人的に気に入ったのは2Fと3F。続いて1F後半と4F前半という感じ。真ん中より少し後半よりに重点がおかれた感じだろうか?どうしても3Fにラーメンズのコントがあり、空気も変わるので、ここを中心として感じてしまうが、全体を通じて小林賢太郎氏らしい、テーマは見えてくるのでお勧めの一作である。
[PR]
# by Dicco | 2007-08-09 13:17 | 音楽・映像