我楽多が沢山


by Dicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2007年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

F1伯国GP

第17戦・ブラジルGP決勝
 [アウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ(1周4.309km)]

 60年以上前に建設された珍しい反時計回りの、ここアウトドローモ・ホセ・カルロス・パーチェ、サーキットの名前は1977年に飛行機事故で他界したブラジル人F1ドライバーの「ホセ・カルロス・パーチェ」に由来する。

 1986年以来、21年ぶりの三つ巴となった最終戦、気温36℃、路面温度63℃のドライ・コンディション。

 今回、ここブラジルで中嶋悟の息子、中嶋一貴が、日本人ドライバー最年少の22歳283日でF1初出走、ウィリアムズのマシーンに乗り、19番グリッドからのスタートとなる。また、A・スーティルはピット・スタートを選択している。

 レッド・シグナルが消灯。PPのF・マッサが2番グリッド・スタートのL・ハミルトンをブロックすると、3番グリッドについたK・ライコネンが外側からハミルトンを交わして2番手に浮上。更に1コーナーでハミルトンが膨らんだ隙に4番手スタートのF・アロンソも3番手へ。またハミルトンは、続く第2コーナーでオーバー・ラン、8位へと一気に順位を落とす。

 マッサ、ライコネンのワン・ツー体制となったフェラーリは、互いにファステスト・ラップを更新しながら、アロンソ以降を引き離していく。そして8周目、ハミルトンに更なる悲劇。ギア・ボックスのトラブルでマシンがスロー・ダウン。最後尾18位まで順位を落とす。数周後にも同様のトラブルが発生するが、なんとかペースを取り戻したハミルトンは、ここからオーバー・テイクを連発、前を目指す。

 上位勢では、マッサからピット・ストップを行なう。翌周にライコネン、その次の周回にアロンソがピット・ストップ。上位3名がハード・タイヤのままコースに戻る中、ハミルトンは1回目のストップでソフト・タイヤを選択、3ストップ作戦の賭けにでる。
 今週がF1初参戦となる中嶋一貴は、ピット・ストップの際にタイヤをロックさせてしまい、ピット・クルーをはねてしまう。メカニックに大きな怪我はなかったものの、救急車で運ばれていった。

 33周目、ペースの上がらないアロンソをR・クビサが、交わし3番手へ。ライコネンのワールド・チャンピオンの可能性が高まるも、クビサは3ストップ作戦を採っていたため、やはりライコネンは1位を取る必要がある。後にクビサがピットへ入り、アロンソは単独3位の走行となる。ハミルトンもついにポイント圏内に突入。前方では、トップのマッサがブレーキング・ミスをすると、2位のライコネンが一気に距離を詰め、終始2秒程度のギャップで追いかける。2度目のピット・ストップもマッサが先。この間にライコネンは自己ベストを更新。3周後、ライコネンがピット・ストップを終えピット出口に差しかかると、コース上にはマッサの姿が見える。しかしライコネンが前でコースに復帰。マッサはチーム・オーダーをすることなくトップをライコネンに譲ると、後はサポートに徹する姿勢でペースを落としライコネンとの距離を取る。ついに上位3台はライコネン、マッサ、アロンソ、そしてハミルトンが8番手となり、この時点で再びワールド・チャンピオンはライコネンの可能性を強める。

 ハミルトンは諦めずに前を追い、J・トゥルーリが最後のピット・ストップを行なったため、7位まで浮上。また、N・ロズベルグ、クビサ、N・ハイドフェルドの3台がサイド・バイ・サイドの4位争いを演じていく。ライコネンは最後まで落ち着いた走りを見せトップでチェッカーを受け、マッサも2位で、フェラーリが3戦ぶり今季4度目のワン・ツー・フィニッシュ。今季チーム9勝目を飾った。フェラーリの2台に続き、1周遅れのハミルトンもフィニッシュ、7位。アロンソは3位でチェッカーを受けた。

 この結果、ライコネンが今季最多勝となる6勝目、通算15勝目を獲得。これで第7戦アメリカGP終了時に最大26ポイント開いていたハミルトンとの差を逆転、最終的にドライバーズポイントを『110』とし、『109』で同ポイントとなったマクラーレンの両ドライバーを1ポイント上回って自身初のワールド・チャンピオンの座に輝いた。1ポイント差でドライバーズタイトルが決まったのは、1994年以来13年ぶり。また上位3ドライバーが1ポイント差以内でシーズンを終えたのはF1史上初のこととなった。フィンランド人ドライバーのワールド・チャンピオンは1982年のケケ・ロズベルグ(ウィリアムズ)、1998年、1999年のミカ・ハッキネン(マクラーレン)に続く3人目。

 すでにマクラーレン・スパイ事件の判定により、フェラーリのコンストラクターズタイトルは決まっていたが、最終戦でドライバーズ・タイトルも獲得し、2004年以来の3年ぶりダブル・タイトルを奪還した。

 母国GPであるR・バリチェロはリタイヤに終わり、F1参戦15年目にして初のノー・ポイントでシーズンを終えた。

結果
[PR]
by Dicco | 2007-10-22 02:30 | スポーツ・文化

F1中国GP

第16戦・中国GP決勝
 [上海インターナショナル・サーキット(1周5.400km)]

 “上”の字をモチーフにしたユニークなコース・レイアウトは、ニュルブルクリンクやセパン・インターナショナル・サーキットなどを手がけたドイツのティルケ事務所によるもの。総工費約300億円、最大観客収容数20万人のキャパを誇る。オーバー・テイク・ポイントに事欠かない作りになっており、平均時速は200km/hを超える、ここ上海インターナショナル・サーキットの、気温は30℃、路面温度は31℃ながら、ウェット・コンディション。

 S・ベッテルが、前日の公式予選中にH・コバライネンの走行を妨害したとして、5グリッド降格のペナルティを受け、17番グリッドへ降格。

 スタートが切られると同時に雨が降り始めたサーキット、4番グリッドにつけていたF・アロンソが、3番手のF・マッサを1コーナーで交わしていく。しかしマッサもすぐにアロンソを抜き返す。L・ハミルトン、K・ライコネン、マッサ、アロンソの順位はグリッド通り変わらない。ハミルトンはファステスト・ラップを次々と更新しながら、2位ライコネン以降とのギャップを築いていく。ライコネン以降との差を7秒以上つけ、15周目にハミルトンが真っ先にピット・イン。タイヤ交換はせず、給油のみを行なってコースに戻っていく。この動きを見て、ライコネン、マッサ、アロンソもタイヤ交換は行なわない。

 第2スティントに入ると、路面が徐々に乾いていく。M・ウェーバーからドライ・タイヤに変更。ウェーバーはハード側のタイヤを選ぶが、ソフト側のタイヤを装着したA・ブルツがファステスト・ラップを叩き出す。一方で、トップのハミルトンのペースが見る見る落ちていき、ついに29周目にライコネンがハミルトンをオーバー・テイク。ハミルトンは周回遅れのマシンをオーバー・テイクすることもできないほどの走行となり、31周の終わりにピットへ向かう。しかしリア・タイヤが大幅に痛んでいたせいか、ピット・レーンを曲がることができず、グラベルに乗り上げる。ハミルトンはマーシャルにマシンを押すように要請するも、マシンは動かず、ついには諦め、ステアリングを外しマシンを降りた。

 代わってトップに立ったライコネンは、2度目のピット・ストップでソフト側のドライ・タイヤに変更。同周回にアロンソもピット作業を済ませ、ピットの出口でマッサをかわす。43周目、1ストップ作戦を採ったベッテルが4位、J・バトンが5位につける。ライコネンは次々とファステスト・ラップをマークし、アロンソとのギャップを約10秒に広げる。残り周回が少なくなる中、D・クルサードとコバライネンによる8位争いが繰り広げられる。終盤ペースを上げた3位マッサは、ファイナル・ラップで今季6度目のファステスト・ラップをマーク。前方では、ライコネンが逆転優勝のチェッカーを受け、ベルギーGP以来2戦ぶりとなる今季最多勝となる5勝目を獲得。これが通算14勝目で、クルサードの13勝を抜きアロンソの19勝に次ぐ現役2位の勝利数となった。また、フェラーリにとってF1通算200勝目をもたらしている。

 2位アロンソ、3位マッサが表彰台を獲得。以下の入賞圏内は、グリッド降格のペナルティを受けながらチームと自身にとって最高位の4位に追い上げたベッテル、5位は今季最高位でフィニッシュしたバトン、6位はチームメイトと同じく自己最高位に入ったV・リウッツィ。大荒れの中国は、今GPで優勝が決まると思われたこれがハミルトンが、F1デビュー以来初のリタイアで、まさかのノー・ポイントとなったことも意外だったが、4位以下の顔ぶれも普段と異なる並びとなった。

 ドライバーズ・ランキングはハミルトン『107』、アロンソ『103』、ライコネン『100』となり、3名が7ポイント差の中におり、最終戦ブラジルGPで優勝を争うこととなった。3名のドライバーがタイトルの可能性を残して最終戦を戦うのは、1986年のアラン・プロスト(マクラーレン)、ナイジェル・マンセル、ネルソン・ピケ(ウィリアムズ)以来21年ぶりのこととなる。

結果
[PR]
by Dicco | 2007-10-08 00:31 | スポーツ・文化