我楽多が沢山


by Dicco
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

F1日本GP

第15戦・日本GP決勝
 [富士スピードウェイ(1周4.563km)]

 1966年にオープンした歴史あるサーキット。1976年、77年にF1日本ラウンドが開催され、2005年のリニューアル・オープン後、初、30年ぶりの開催となる。大改装によりほぼすべてのコーナーが一新され、近代的なサーキットに生まれ変わったが、旧コースの特徴でもあった約1.5kmの超ロング・ストレートは健在。

 サーキットは朝から雨が降り続き、路面には水が溜まっている。気温17℃、路面温度22℃の超ウェット・コンディション。

 前日のフリー走行前にエンジン交換を行なったN・ロズベルグが10グリッド降格のペナルティで16番グリッドへ。また、V・リウッツィはピット・スタートを選んでいる。

 雨のため、決勝は異例のセーフティ・カー先導でスタートする形となった。この日は、全マシンがエクストリーム・ウェザー・タイヤの装着を義務づけられていた。しかし、ドライバーズ・ポイントでマクラーレンの2人を追うフェラーリは、事前にこのルールを承知しておらず、通常のウェット・タイヤを履いていた。このためセーフティ・カー誘導中の2周目にF・マッサ、3周目にK・ライコネンがそれぞれピットに入り、エクストリーム・ウェット・タイヤへ交換、給油を行なう。マクラーレンが1位2位を走行する中、フェラーリは20番手、21番手と大幅に順位を落としてしまう最悪の状態でセーフティ・カーのランプが消えるのを待つ。
 また、レース序盤、スピンした後にN・ハイドフェルドをかわしたとして、マッサはドライブスルー・ペナルティーを受ける。

 セーフティ・カーのランプが消え、レースは20周目にスタート。しかし、その直後、A・ブルツがスピンを喫し、マッサと接触したため、イエロー・フラッグ。上位3台は、L・ハミルトン、F・アロンソ、S・ベッテル。
 22周目、佐藤琢磨がピット・ストップを行なうと、給油口から炎が吹き上がる。幸い火は消え、佐藤はコースへ復帰。順位を落としていたライコネンは、後方から10位まで追い上げる。28周目以降にハミルトン、アロンソがピットへ向かい、ベッテルが自身初のラップ・リーダーとなる。

 マクラーレンが第2スティントに入ると、3位でコースに戻ったハミルトンとR・クビサが接触。両者に大きなダメージはなかったが、その直後に今度はアロンソとベッテルが接触。この隙にベッテル、ライコネンがアロンソを交わし前に出る。アロンソはマシンを破損するも、走行を続けていく。それまでピット・ストップを行なっていなかったマシンがピットに向かうと、ハミルトンがトップに復帰。ライコネンは再度のピット・ストップを行なったため、またしても順位を落としポイント圏外へ。

 しかし42周目、アロンソがヘアピン手前で、単独のウォール・クラッシュ。破片が飛び散り、再度のセーフティ・カー導入となる。ピット・ロードがオープンとなり、各マシンがピット・ストップを済ませていく。上位はハミルトン、M・ウェーバー、ベッテルに。ところが46周目、ウェーバーにベッテルが衝突、両者リタイアとなる。2人は初の表彰台が期待されていただけに残念な結末となった。

 49周目にレースが再開され、トップのハミルトンは一気に後続を引き離していく。2位H・コバライネン、3位のマッサ、4位D・クルサード。ライコネンはハイドフェルドらを交わし、5位まで浮上。更にクルサードもオーバー・テイクし、マッサの背後に着く。ここでマッサが最後のピット・イン。ライコネンは3位となり、前方のコバライネンに迫っていく。また、マッサも残り少ない周回で追い上げを見せる。

 ハミルトンは十分なギャップを築き、大波乱のレースでポール・トゥ・ウィン。ハンガリーGP以来4戦ぶりの勝利で、1996年のジャック・ビルヌーブ(ウィリアムズ)に並ぶ新人最多のシーズン4勝目を挙げ、ドライバーズ・タイトル獲得に大きな一歩を踏み出した。マクラーレンは、イタリアGP以来2戦ぶり今季8勝目。

 初の表彰台がかかるコバライネンは、ライコネンの猛追を抑え2位を死守。ルノーに今季初の表彰台をもたらした。ライコネンは僅かに届かず3位フィニッシュ。また、ファイナル・ラップでマッサとクビサが激しい6位争いを演じ、チェッカー直前にマッサがクビサをオーバー・テイクし6位でフィニッシュ。

 8位でゴールしたV・リウッツィは自身とチームに今季初のポイントをもたらした。

 アロンソは17戦ぶりのリタイア、ノーポイントに終わり、ドライバーズランキングで首位ハミルトンとの差は12ポイント。タイトル争いに大きく遅れをとり、次戦中国GPでハミルトンが初タイトルを決める可能性が出てきた。ランキング3位のライコネンもハミルトンから17ポイント差と、僅かながらタイトル獲得の可能性を残している。

結果
[PR]
by Dicco | 2007-09-30 15:31 | スポーツ・文化

F1白国GP

第14戦・ベルギーGP決勝
 [サーキット・ド・スパ-・フランコルシャン(1周7.004km)]

 ヨーロッパラウンドの締め括りは「世界一美しいサーキットコース」として名高いスパ。今季のF1サーキットの中で、最も全長が長く、スパ・ウェザーと呼ばれる不安定な天候がレースを左右することも多い、ここサーキット・ド・スパ-フランコルシャンは気温21℃、路面温度34℃のドライ・コンディション。

 公式予選前にエンジン交換を行なったR・クビサが10グリッド降格のペナルティで14番グリッドへ。また、予選後にエンジンを交換しグリッド最後尾となったJ・フィジケラと、A・デビッドソンはピット・スタートを選んでいる。

 レース開始、最前列につけていたフェラーリの2台はスムーズにスタートを切り、その後方でマクラーレンの2台がサイド・バイ・サイドの接近戦を見せる。アロンソのディフェンスに押し出される形となったL・ハミルトンは、コースオフを喫しながらも、4位のポジションをキープしコースに復帰。上位4台の順位は変わらない。トップのK・ライコネン、F・マッサはそれぞれファステスト・ラップを更新しながら周回を重ねていく。後方では14番グリッドからスタートしたクビサが1台ずつマシンをかわし8番手まで追い上げる。
 15周目に入り、1回目のピット・ストップが始まっていく。ライコネンはマッサに5秒近くのギャップを築いたところでピット・イン。同周回に、ハミルトンに3秒近く差をつけたアロンソもピットへ。翌周にはマッサ、ハミルトンもピット・ストップを済ませ、上位勢に順位の変動はなし。

 第2スティントに入ると、フェラーリ勢とマクラーレン勢の差が15秒まで開く。4位を走るハミルトンはアロンソのペースについていけない。2回目のピット・ストップは、まずトップのライコネンから行ない、マッサも翌周に入る。マクラーレンのピット作業はフェラーリよりも遅く、アロンソは残り11周、ハミルトンは残り7周までコースに留まる。最後のピット・ストップを遅らせることでアロンソの前に出たかったハミルトンだが、順位を上げることはできなかった。

 マッサは34周目にファステスト・ラップをマークする勢いでライコネンの背後2秒以内に迫るが、順位は変わらず、ライコネンがポール・トゥ・ウィンでベルギーGP3連覇、第9戦イギリスGP以来5戦ぶりの今季4勝目、通算13勝目を決めた。

 フェラーリはライコネン、マッサの順で2戦ぶり今季3度目のワン・ツー・フィニッシュを飾っている。アロンソはハミルトンに10秒近くの差をつけ3位を守った。4位に終わったハミルトンのドライバーズ・ポイントは『97』となり、2位アロンソ(『95』)との差は僅か2ポイント。ライコネン『84』で、ハミルトンに13ポイント差と、辛うじてタイトル争いに踏みとどまった。

 なお、コンストラクターズタイトル争いでは、スパイ事件でマクラーレンのコンストラクターズ・ポイント剥奪との裁定が下されているため、代わって首位に立ったフェラーリが『161』、2位BMWザウバーは『90』となり、3戦を残してフェラーリの2004年以来3年ぶり通算15度目のコンストラクターズ・タイトル獲得が決定した。

結果
[PR]
by Dicco | 2007-09-17 04:51 | スポーツ・文化

F1伊国GP

第13戦・イタリアGP決勝
 [アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ(1周5.793km)]

 フェラーリの母国イタリア、1922年に開設された歴史ある超高速サーキット、緑豊かな、ここアウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァは、気温は28℃、路面温度は34℃のドライコンディション。

 フェラーリの聖地でフロント・ロー、セカンド・ローを独占したのはマクラーレンの2台。K・ライコネンは予選前の大クラッシュが響いたのか、N・ハイドフェルドに、僅か0.009秒差で4番グリッドを奪われ、5番グリッドからのスタートとなった。
 レッド・シグナルが消えると、PPスタートのF・アロンソは好スタートを切る。しかし、2グリッド・スタートのL・ハミルトンと3番グリッド・スタートのF・マッサが1コーナーで接触しながら2番手を争う。辛くも2位につけたのはハミルトン。その直後では、ソフト・タイヤでスタートした5番手ライコネンがハイドフェルドを交わし4位浮上。

 2周目、D・クルサードのフロント・ウィングが破損し、クルバ・グランデのタイヤバリアにクラッシュ。無事にマシンから脱出したものの、マシンと破片の撤去のためにヨーロッパGP以来のセーフティ・カー導入。

 7周目にセーフティ・カーがピットに戻りレースは再開。その直後、9周目にマッサがピットイン。タイヤ交換と給油を済ませてコースに戻るが、マシンのスピードが上がらず次の周に再びピット・イン。修復を試みるがリタイアとなる。

 その間、マクラーレンの2台は後続との差を広げ、15周終了時には首位アロンソとチ3位に浮上したライコネンの差は約10秒に拡大。しかし、19周目にハミルトン、21周目にアロンソが1回目のピット・ストップを行ない、ライコネンが暫定首位に浮上する。

 ライコネンは26周目までピット・ストップを遅らせ、ソフトからハードにタイヤに履き替え、長めの給油。1ストップ作戦が確実となった。再びアロンソ、ハミルトン、ライコネンの順位となるが、もう一度ピット・ストップを行なうマクラーレン勢はライコネンとの差を広げるためペースを上げる。

 41周目、ハミルトンが2度目のピット・ストップを行なうも、その間にライコネンが2位浮上。しかし、2周後の43周目、ハミルトンが1コーナーでライコネンのイン側に飛び込みオーバーテイク、2位の座を奪い返した。アロンソは2回目のピット・ストップを終えてトップでコースに復帰。そのままリードを守り切りチェッカーを受けた。

 アロンソは、第10戦ヨーロッパGP以来の優勝で今季初めて4勝を挙げたドライバーとなり、通算19勝目。さらに今季2度目のポール・トゥ・ウィンで、今季3度目のファステストラップもマークし、イタリアGP自身初勝利を飾った。2位はハミルトンで、今季7勝目を挙げたマクラーレンは今季4度目のワン・ツーフィニッシュも記録している。3位はライコネン。

 今季ベスト・タイの10番グリッドからスタートした、J・バトンは8位入賞。今季2度目のポイントを獲得している。
 
 ドライバーズ・ポイントは、首位ハミルトンと2位アロンソの差が5ポイントから3ポイントに縮まる。ライコネンは3位に浮上したものの、ハミルトンとの差は18ポイントに拡大。リタイアに終わったマッサは首位から23ポイント差となった。

結果
[PR]
by Dicco | 2007-09-10 00:31 | スポーツ・文化