我楽多が沢山


by Dicco
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

<   2007年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2008年F1GP

 現地時間27日、FIA(国際自動車連盟)から、来季2008年シーズンのF1カレンダーの発表があった。

 来季はアメリカGPが消滅、代わってシンガポールGPとスペイン・バレンシアでのヨーロッパGPが初開催。どちらも市街地コースでのレースが予定されており、シンガポールGPはF1史上初のナイト・レースとなる可能性も。但し、どちらもFIAによるサーキットの承認が降りることが条件となる。また、カナダGPは、契約上の理由で今のところ暫定的なスケジュールとなっている。

 今季で最後と噂されたマニクールでのフランスGPだが、どうやら来季もマニクールでの開催、更に2009年のGPもマニクールで行われる様だ。また、今季ニュルブルクリンクでヨーロッパGPとして開催されたドイツでのレースだが、来季はドイツGPとしてホッケンハイムで行なわれる。

 来季はトルコGPが5月に開催。今季よりも連戦が減り、最終戦ブラジルGPは通常よりも遅い11月2日に開催となるが、シンガポール、中国、日本の極東3連戦は楽しみなところ。日本GPまで優勝が決まっていないことを祈りたい。

開催日程カレンダー(決勝)
[PR]
by Dicco | 2007-07-28 15:31 | スポーツ・文化

Duel Jewel [es]

es
Duel Jewel / / ユニバーサルミュージック
ISBN : B000QUCX4A
スコア選択: ★★★★☆

 以前、このBANDの音源を紹介した時に、詳しく書かなかったDuel JewelというBANDについて、先ずは軽く触れておくことにする。

 彼らとの出逢いは1997年。今から10年も昔である。「めちゃめちゃ上手い奴らがいる!」BAND仲間から情報を受け、十条にあった自由造というLive Houseまで足を運んだのが最初の出逢いである。当時はまだメンバーも違い(隼人・Shun・Takashi・PSY・ばる)、現在のメンバー(隼人・Shun・祐弥・Natsuki・ばる)に固まったのは2002年4月。
 この年、彼らはアメリカ進出し、現在、世界で起きているヴィジュアル・ロック・ムーブメントの魁となる(以前、XやHideが世界にヴィジュアル・ロック・ブームを起こしたが、現在起きているブームの魁という意味ではDuel Jewelの活躍が大きいと、私は思う)。日本では、まだまだその名を知らぬ者も多いが、その大きな原因は、彼らが日本のみならず、アメリカを活動の場としていたことにもあるだろう。実際、彼らはこの3年間で7回のアメリカ・ツアーを遂行し大成功を収めているのだから。

 彼らが表現するのは人に秘められし感情の世界である。曲に統一性がない様に感じることもあるが、それでも彼ららしいと感じられるのは、その表現の主軸から外れることなく活動している証拠ではないだろうか?

 Duel Jewel、このBAND名は直訳すれば、“衝突する宝石”となる。この宝石というのはダイヤであり、「ダイヤはダイヤでしか磨けない」という意味を持つ。メンバー、個人個人がダイヤの原石であり、それを磨き、輝かせるのも、またメンバーである。


 さて、BAND紹介はこの辺にして、ここから本題である、「es」について書きたいと思う。

 今回もやはり、良い意味でイメージを打ち壊してくれた感が強い。「es」では優麗で、そして神秘的なサウンドを魅せ、そしてc/wの「outsider」では、激しさを魅せてくれる。どちらかといえば「outside」の方が普段のDuel Jewelらしい(安心できる)タイプの曲である。
 「es」はタイトルの意味通り、「精神世界」の表現が見られる幻想的な曲で、聴く者の心にスッと溶け込むような音が散りばめられている。包み込む様な歌声と、演奏、その中に少しオリエンタルな雰囲気を注ぐ二胡のサウンド。これを弾いているのはギターの祐弥である。
 「outsider」は一転してノイズ・サウンドを暴れさせ、「es」で作り上げた世界を一気にぶち壊すような、そんな仕上がりである。シャウト系のコーラスの多用は実にDuel Jewelらしい。約10年前、彼らが遊びでやったSIAM SHADEの「Don't tell a lie」をふと思い出し、「今も昔もこういう激しい曲好きなんだなぁ…」とついつい懐かしんでしまう。

 さて、誉めるだけでも芸がないので、ここで個人的な批評も添えておくと、個人的な好みの問題ではあるが、「es」のCメロでのファルセット多用、「outsider」のVocal(声)の加工はあまり好みではない。安定感のある低音を生かした隼人の声(歌)が好きなので、少し不安定なファルセットや意図が明確でない声の加工は聴いていてあまり心地よくない。まぁ新しい事への挑戦は続けていって欲しいと思うので、もっともっと隼人がファルセットをモノにしてくれたら、それはベストなことなのだが…。
[PR]
by Dicco | 2007-07-27 16:04 | 音楽・映像

F1欧州GP

第10戦・ヨーロッパGP決勝
 [ニュルブルクリンク(1周5.148km)]

 ニュルブルク城の丘を周回する、天候の変化が起こりやすいニュルブルクリンクは、決勝スタート直後の雨が予報されるが、気温19℃、路面温度30℃のドライ・コンディション。

 前日の公式予選でクラッシュに見舞われ、決勝の出走が危ぶまれていたL・ハミルトンだが、決勝当日にFIA(国際自動車連盟)による健康適性検査を受け許可が出たため10番グリッドに着く。
 フォーメーション・ラップが終わり、今日がF1デビュー戦となるM・ヴィンケルホック(C・アルバースが解雇されたため、今レースからスパイカーのパイロットとなった)がピットに戻りインタ・ミディエイト・タイヤに履き替える。スタートが切られると、3番グリッド・スタートのF・マッサは、2番グリッド・スタートのF・アロンソを交わし2位に浮上。後方ではBMWザウバー同士の接触などもあるが、その隙にハミルトンが一気に4位に浮上。しかしその直後タイヤがバースト、順位を最下位まで落とす。
 1周目が終わる前に、突然の豪雨に見舞われ、路面は完全にウェットとなってしまい、ドライ・タイヤを装着していたマシンは次々とピット・イン。

 しかし、トップを走行していたK・ライコネンは、ピット・レーンの直前でマシンを滑らせ、もう1周の走行を余儀なくされる。ライコネンが大幅に順位を落とし、上位陣がタイヤ交換を行なう間に、予めウェット・タイヤに履き替えていたM・ヴィンケルホックがトップとなる意外な展開に。
 コースはウェット・タイヤを装着していても、コーナリングが安定しない程の悪コンディションで、バトンがスリップすると、続いてハミルトンを含む5台が1コーナーを曲がりきれずにコース・オフ。しかし、エンジンが止まっていなかったハミルトンは、クレーンにマシンをつり上げさせグラベルから脱出しレースに復帰。また、危うく1周遅れになり兼ねなかったライコネンは、混乱に乗じて7番手まで復帰した。
 1コーナーの連続コース・オフに伴いセーフティ・カーが導入されるが、そのセーフティ・カーすらまともに走行できないため、5周目に赤旗中断。

 現地時間14時35分、セーフティ・カーの先導でレースが再開。8周目にセーフティ・カーが戻り、ヴィンケルホックが次々と順位を落とし、1位マッサ、2位アロンソのフェラーリ対マクラーレンといういつもの形に。路面が乾いていくと、H・コバライネンに詰まっていたライコネンがいち早くピットに戻りドライ・タイヤへ変更すると、その翌周、上位勢も一斉にタイヤ交換のためピットへ。早めに行動したライコネンが見事に3位浮上。マッサ、アロンソ、ライコネンが5秒以内で周回を重ねる。

 トップのマッサは徐々に後続とのギャップを築き、アロンソとライコネンの差が2秒以内に縮まっていく。しかし35周目、ライコネンは突如スロー・ダウン。今季2度目のリタイアで痛恨のノー・ポイントに終わる。

 残り周回が10周を切ったところで、またも雨が降ってくる。各マシンが再びインタ・ミディエイト・タイヤに履き替えると、トップを行くマッサのペースが上がらず、残り5周でアロンソにオーバー・テイクを許す。


 リタイアは計9台、予選から波乱の多かったヨーロッパGP、アロンソが5戦ぶりの優勝、今季3勝目を挙げた。マクラーレンは3戦ぶり今季5勝目。マッサが2位。3位にはM・ウェーバーが入り、ウィリアムズ時代の2005年モナコGP以来、自身最高位タイのリザルトで、チームに2006年モナコGP以来の表彰台をもたらしている。

 最後まで諦めずにポイントを狙い続けたハミルトンだが、惜しくも1周遅れの9位に終わり、自身初のノー・ポイント。デビュー以来連続表彰台獲得の記録も9戦でストップした。
 
 ハミルトンとライコネンがノー・ポイントに終わる一方で、10ポイントを獲得したアロンソがハミルトンとのドライバーズ・ポイントを2ポイント差に縮め、8ポイントを獲得したマッサがライコネンを抜き3位に浮上した。

結果
[PR]
by Dicco | 2007-07-23 01:31 | スポーツ・文化

アリスの不思議な世界

ふしぎの国のアリス スペシャル・エディション
/ ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
ISBN : B0009Q0K3W
スコア選択: ★★★☆☆

 今日は横浜の花火大会に行く予定だったのだが、台風の影響で中止。大人しく家でDVD鑑賞をすることにした。

 今日観たのは、タイトルを知っているのに内容を全然知らなかった『不思議の国のアリス』。先日ディズニーランドに行って「Queen of Heart's Banquet Hall」で食事をしたにも関わらず、なんかウサギを追いかけてトランプが出てくる世界に迷い込む物語…という程度の知識しかなかったので、結構楽しみにしていた。

 観終わっての感想を言うと、ちょっと難しくて分かりづらかったなぁ…というのが第一印象。子供からしたらおかしな世界、へんてこりんな世界で楽しいのかもしれなが、1つ1つの不自然な内容に疑問符を浮かべ続けてしまい観終わった時には脳がかなり疲れてしまった。…そもそも“不思議の国”と言っているのだから、そこに意味を求めてはいけないのだろうけど、ついつい何の意図があって?とか、どういう意味が含まれているのだろうか?なんてことを考えてしまうのは、大人になってから初めて観たのが大きな原因なのかもしれない。
 個人的に、純粋に楽しめる内容ではなくて、人の話を聞かないチンプンカンプンな台詞を繰り返すチャラクターたちにイライラしてしまう…そんな感じだった。

 魔法使いの少女が出てくる子供向けアニメや、他のディズニー作品など、あらゆる物語には目的があって、その目的に向かって物語が進行し、最後にその目的を成し遂げて物語が終わるわけだが、この作品では「ウサギを追う」とか「家に帰る」などの目的はあるものの、“何故、そうする必要があるのか”という部分が明確ではないため、ハッキリしない。その為に、ついつい物語から脳が逸れていってしまい物語に没頭出来ないのだ。

 ただ、これだけ批判しておきながら、★を3つにしたのは、ディズニーらしいほのぼのとした世界が、そこに広がっているからに他ならない。内容は結構残酷なんだけど、それでも何処かメルヘンチックで、可愛らしいキャラクターと、奇妙で気持ち悪いキャラクターが交互に出てくる感じが観ていて楽しい。


 事前に情報が少なくて、突然理解不能は状況におかれた私の場合、楽しむ余裕が持てる前に終わってしまった感じなのだが、子供なら素直に現実離れした世界に没頭するだろうし、大人になってから観たとしても、きっと2回目からは素直にその不思議な世界を楽しめるのではないだろうか?ただ、本当に“不思議過ぎて”理解しようとすればする程無限ループに迷い込んでしまうような作品なので、観るものを選ぶかもしれない。

余談
[PR]
by Dicco | 2007-07-15 18:30 | 音楽・映像

F1英国GP

第9戦・イギリスGP決勝
 [シルバーストン・サーキット(1周5.141km)]

 F1誕生の地、シルバーストン・サーキットは晴天、気温21℃、路面温度は37℃のドライコンディション。
 レース前スーパー・アグリF1の佐藤琢磨はスペア・カーに乗り換えピット・スタート。フォーメーション・ラップ後、スタート直前にF・マッサがマシン・トラブルの為ピットスタート。これによりエクストラ・フォーメーション・ラップが行なわれ、決勝は1周少ない59周に変更。

 スタート直後1位L・ハミルトン、2位K・ライコネン、3位F・アロンソの順位は変わらず。さらに、ハミルトンとライコネンがそれぞれファステスト・ラップを更新し、両者のギャップは広がらない。アロンソも前の2台に離されずに着いていく。

 上位陣は16周目を過ぎた辺りから1回目のピット・ストップ。 まず先頭のハミルトンがピットへ。しかし、給油口からリグが抜けきらないままマシンをスタートさせるというミスを犯しタイム・ロス。ライコネンはこの間に1分20秒台のファステスト・ラップを叩き出し、2周後にピット・ストップを行なうと、ハミルトンの前でコースに復帰。マクラーレンはここで作戦を変更。自己ベストを更新しながら周回を重ねるアロンソの1回目のピット作業を短くすることで、ライコネンからトップを奪う。銀、赤、銀の形は変わらぬものの、オーダーはアロンソ、ライコネン、ハミルトンとなる。
 ここから燃料積載量の少ないアロンソは、後方とのギャップを築きたいところだが、周回遅れのマシンで渋滞していることもあり、ライコネンとの差は5秒以内。残り22周、アロンソが2回目のピット・ストップを終えると、一方のライコネンは、残り16周までコースに留まり、2回目のピット・ストップを終えるとアロンソの前でコースに戻る。

 ライコネンはそのままチェッカーを受け、フランスGPに続く2連勝。今季3勝目、第1号となった。また後方では、ピット・スタートのマッサが怒濤の追い上げを見せ5位に浮上。4位R・クビサへ仕掛けるが、オーバー・テイクには至らずチェッカーを受けた。フェラーリは今季5勝。現在4勝のマクラーレンを追い越した。 

結果
[PR]
by Dicco | 2007-07-09 01:31 | スポーツ・文化

バイオハザード

バイオハザード4 Wiiエディション
/ カプコン
ISBN : B000P5VYVO
スコア選択:★★★★☆

 「バイオハザードが面白い!」という噂に興味を抱く。ただ、今までのシリーズをやったことがなかったので手を出す気になっていなかったのだが…しかし、彼女がバイオハザード・シリーズをやったことがあるらしく「やってみたい」と言ったので購入を決意。早速やってみた。

 Wiiリモコンにも慣れておらず、それほどアクションが得意でもない彼女の操作は見ていて焦れったい。が、変わってみると俺も似たようなもの。ゼルダなんかをやったことある人なら直ぐに操作にも慣れるんだろうけど、なんせ「Wiiスポーツ」や「はじめてのWii」程度でしかWiiをプレイしていないので、結構難しい。

 バイオハザードってゲームはゾンビがウジャウジャ出てきて…というイメージだったのだが、見た目が人間で得体の知れない奴らが敵という辺りがゾンビ以上に気持ち悪い。銃殺しちゃって良いのかな?なんて罪悪感に駆られながらのプレイ。

 個人的に気になったのが、プレイヤーの体が死角をつくり、敵が見づらくなるケースが多いと言うこと、武器やアイテムの整理が面倒くさいこと、この辺りが慣れても邪魔くさく感じそうだな、と。

 ただ、Wiiならではの操作性で、これが面白かったからといって、過去の(別ハード)シリーズをやってみよう!という気は起きそうにない。取り敢えず、今までのシリーズやったことないからなぁ…と渋っているWii所有者は是非買うべし。
[PR]
by Dicco | 2007-07-09 00:41 | 趣味・娯楽

シム・シティDS

シムシティDS
/ エレクトロニック・アーツ
スコア選択: ★★★☆☆

 以前から気になっていたシム・シティDSを遂に購入してしまった。操作性に関して言えば、PC版に近いのでそれほど違和感もなく操作できるが、画面が小さいため少し端の方で操作をすると直ぐにスクロールしてしまうというのが難点。特に大きな範囲を除去したい時に勝手にスクロールして、必要な部分まで消してしまうというアホアホなミスも連発してしまったりして(まぁこの辺りは多分俺が悪いんだけど…)操作性は減点対象。

 また、自然に生えている木もわざわざ除去しないと建物が建てられない辺り、ちょっと面倒くさい。

 それと、PC版の様に大きなマップの中から1区画を選んで街づくりをはじめる訳だが、選んだ1区画以外では街づくりが出来ないというのも少し寂しい。「ここは工業都市」「ここは商業都市」「ここは住宅街」なんていう区画毎の特徴有る街同士を線路や道路で繋げて大きな都市を作り上げるという楽しみが欲しかった…。まぁハード的に無理なのかもしれないが。。。

 パスワードによるランドマークの追加などはなかなか良いのだが、これも2つまでしか選べないというのは若干寂しい。SFC版から考えればかなり面白くなったと思うが、PC版をやってしまった人間には物足りないという印象が大きいだろう。

 街を作る過程で、「あ、ここはこうした方が良かったな」「こうすれば良いのか!」などと学ぶことは多く、その都度やり直しをするのだが、保存フォルダーが1つしかないというのはちょっと辛いし、完全に1人でしか楽しめないのも寂しい。パスワードで街を保存出来るなどの機能があればもっと良かったのになぁ…というのが正直な感想だ。

チート
[PR]
by Dicco | 2007-07-08 00:59 | 趣味・娯楽

解る人にしか解らない。

ゴールデンラッキー GOLDEN LUCKY 1989-1991完全版 [少年向け:コミックセット]
榎本俊二 / / 太田出版
ISBN : B00007C8WI
スコア選択: ★★★☆☆

 昨日紹介した「鼻兎」が、あまりにもシンプル過ぎて、寂しい。もっと読み応えある漫画が良い!という方にお勧めなのがこれ、『GOLDEN LUCKY 1989-1991』。

 ハッキリ言って、シュールです。なので、意味不明な人には意味不明なまま終わってしまうことでしょう。かなり読み手を選ぶ作品であることは間違いなし!!帯に掲載された1作を見て「何これ?」と頭の中に“?”が浮かんでしまう人にはお勧めしませんが、興味を持った方には超お勧め。意味不明な具合が凄く良い。ただし、読み切るには、かなり心に余裕がないと…意外にもシュールの連続は疲れます。w
[PR]
by Dicco | 2007-07-07 16:22 | 趣味・娯楽
鼻兎 (01)
小林 賢太郎 / / 講談社
ISBN : 4063351130
スコア選択:★★★★☆

 ラーメンズ小林賢太郎氏の描く漫画、「鼻兎」を購入してみた。

 感想は小林賢太郎氏らしい。というのが第一。シンプルで非常に読みやすい描き方をしているが、そこには非日常的な不思議な世界が広がり、そして楽しい中にも心温まるという仕上がり。

 ラーメンズや、小林賢太郎氏のSoloコント、舞台などでは現しきれなかった、小林賢太郎氏の世界観が広がっている…そんな内容である。気軽に読めるので、是非一度読んで貰いたい。

 本編の内容と同様に、感想もシンプルに書き上げておく。
[PR]
by Dicco | 2007-07-06 22:13 | 趣味・娯楽

デビュー26周年

艶華-Enka-(初回盤A)(DVD付)
中森明菜 / / UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
ISBN : B000PE0FN8
スコア選択: ★★★★☆

中森明菜さんがデビュー26周年を記念して演歌カヴァーアルバムを出した。26周年記念…なんとも半端な記念ではあるが毎年祝っていくのは良いことだ。…っていうか、記念アルバムなのかな?これ。w

 インストから始まるこのアルバム、和風テイストの聞いた艶華Ⅰ〜石川さゆりさんの名曲「天城越え」への流れは何とも言えないくらい素晴らしい。

 中森明菜さんと言えば「天川伝説殺人事件」の『二人静』のイメージが強く、こういう和風テイストで弱く、そして美しい日本女性の歌が似合う。

 ただ、アルバムを聴いていくに連れて、段々飽きが来るアルバムだったことが残念である。編曲が単調で、聴く程に全部同じ調子に聞こえてくるのだ。インストを除いたラストの曲となる、坂本冬美さんの名曲「夜桜お七」に関して言えば原曲から遥かに劣る1曲となっていると思う。迫力ある歌も歌える中森明菜さんだけに、この仕上がりは非常に勿体ない。

艶華-Enka-(初回盤B)
中森明菜 / / UNIVERSAL SIGMA(P)(M)
ISBN : B000PE0FNI
スコア選択: ★★★★☆

 このアルバムには初回盤が2つ用意されていて、先に載せたアルバム(初回A)ではDVD特典が付いている。しかしこのDVDは艶華のPVではなく収録風景と他のアルバムに収録された曲(いい日旅立ちなど)のPVが入っている。
 そして直ぐ上に載せたアルバム(初回B)では1曲のボーナス・トラック(空港)が収録されており、更にDisk2には全曲のカラオケが収録されている。

 この特典を比べると、個人的にはBの方が嬉しい、と感じたのだが、正直、バック・トラックのアレンジを聴いた限り、カラオケに興味はないかなぁ〜という程度の単調具合。コレクターでない限り、初回生産分を無理して買う必要はないかなぁ〜という感じである。


 因みに、この作品はターゲットを若者のみならず、お年寄りへも意識したらしくCD以外にカセット・テープでの販売も行っている。しかし、若者以上に演歌に対して耳の肥えたお年寄りにこの程度のアレンジで納得されるのだろうか?という具合。歌は兎も角として、アレンジャーに問題有り。しかし中森明菜さんらしい歌に敬意を表し自己評価は星4つとさせて頂いた。


 ただ、気になるのは、ファンから歌って欲しい曲をリクエスト投票して貰った割に、1位に選ばれた曲が優先されていない辺り、凄く気になる。“自分らしさ”を大切にしたのかもしれないけど、それならば投票をさせた意味はあったのだろうか?相変わらずの我が儘ぶり…なんて感じているのは俺だけだろうか?
[PR]
by Dicco | 2007-07-05 03:41 | 音楽・映像