我楽多が沢山


by Dicco
カレンダー

<   2006年 12月 ( 50 )   > この月の画像一覧

お札の粗末な使い方

お年玉にも使える! お札で折る「おとなのおりがみ」
先日コネタで「今時のおりがみ」をお伝えしたが、またまたおりがみ好きにはたまらない折り紙情報をゲット。
“紙幣を折る”という日本では前代未聞の折り紙本『おとなのおりがみ』(1000円 税別)が「山と渓谷社」から出版されたというのだ。本に収録されているのは全て千円、五千円、一万円と私たちが日常使っているお札を使った作品のみ18種類。
「レインボー万」、「スーパー万」、「金ゴン」、「カネンライダー」、「シー万」、「亀は万円」などお金がらみのダジャレを冠した作品のほか、「家政婦は見た!」、「目玉おやじ」などお札の絵柄があってこその作品などどれもこれも楽しめる作品ばかり。フリーハンドで描かれた折図はなぜかコンピュータで描かれた従来のものより分かりやすい。作品の解説もイラスト入りでお笑いセンスが効いていて読み物としても十分楽しめるという今までになかった折り紙本だ。
著者は日本折紙学会の会員でもあるアル中Masa(あるちゅう・まさ)さんで、もちろん作品は彼のオリジナル。

それにしてもお札でこんな楽しい作品を作ってしまうアル中Masaさんもすごいが、出版社が折り紙やインドア系の趣味とは無縁と思われる山と渓谷社というミスマッチ感も何とも言えない。

山と渓谷社のこの本の担当者である小林由佳さんにお話を聞いてみた。

「出版のきっかけは私がインターネットでアル中Masaさんの作品に出会ったことです。これを本にしたら楽しいだろうなと思って出版のお誘いをしました。自然系の出版物が多い当社でなぜ折り紙本を? と聞かれることも多いですが深い意味はないんですよ。はっきり言って私の趣味の延長というか……(笑)。現在『おとなのおりがみ』はネットと書店とで販売していますが、ご好評をいただいておりまして、書店さんではまだ十分在庫はありますが、ネットでは早くも在庫が切れてしまったというところも出ています」

いやぁ、いいです、いいです、これ。これからの季節、子どもへのお年玉に使えそうです。

「『お札を折る』という行為に関しては不謹慎だ、と考える方もいらっしゃると思いますが、日本ではお正月に向けてその年の干支などが紙幣で折られていたということもあったと聞いています。五円玉など硬貨で作る工芸品などと同じように日本の文化の一つとして捉えていただければなぁと思っています。『目玉おやじ』は原作者の水木しげる先生にも『よくできている』と大変喜んでいただいています」

それにしてもこんな楽しい作品のアイデアはどこからくるのだろう。著者のアル中Masaさんにもお話を伺ってみた。
「小さい頃から折り紙は好きでしたね。お札で折る折り紙を始めたのはここ3、4年くらいです。実は友人に“ほいけんた”というバルーンアートなどやるマルチなお笑い芸人がいまして、彼がネタで折り紙を使ったものをやるということで色々考えたのがきっかけです。初めは千円札でシャツを作って『千円シャツ』なんてのをやったんです。あっこのシャツの折り紙はオリジナルではないですけど。『お札から顔がちょこんと覗いているのは作れないか』とかそういったアイデアを彼が出して『家政婦は見た!』などを作っていったわけです」

なるほど。この独特のセンスとユーモアはスタートがお笑いネタだったということにもあるようだ。まさに駄洒落で織りなす、折り札YENターテイメント。ちなみにこの『家政婦は見た!』はキャバクラなどで一番受けがいいのだとか。

「お札を粗末に扱っているのでは? という懸念をされる方もいらっしゃいますが、お札の折り紙は作品として残すようにして、上手に折れるまでは練習用に普通の折り紙を使っていただけたらと思っています」と小林さん。

さらにアル中Masaさんは作品としてお札を折る前の折り紙での練習ポイントを教えてくれた。
「15センチ四方の一般的な折り紙を半分に切るとほぼ99%千円札と同じサイズになります。ですから折り紙に折る時のポイントとなるお札の肖像画や金額、ホログラムなどを写しておけば、位置を確認しながら練習できますよ」

お風呂につかっている目玉おやじは比較的折りやすいというのでさっそくチャレンジしてみた。最初はやはり目玉の位置がズレるも何回か折っていくうちにほぼ完璧な状態になった。
よし! 来年の甥っ子姪っ子へのお年玉はこれで決まりだ!
ペロっと二千円をあげるより、千円札の目玉おやじのほうが子どもたちもきっと喜ぶはず……と私は信じています。
お札で折る「おとなのおりがみ」はお札の額面を上回るインパクトがあること間違いなしです。


 お正月に買い物に行くと、お釣りで渡されることの多い3つ折り皺のついたお札。何となく変な癖が付いていて仕舞いづらいからDieは結構嫌だったりするんだけど、もし、お釣りでこんな複雑な折り目の付いたお札が来たらかなり気分悪いなぁ…。
 「お札を粗末に扱っているのでは? という懸念をされる方もいらっしゃいますが、お札の折り紙は作品として残すようにして、上手に折れるまでは練習用に普通の折り紙を使っていただけたらと思っています」と小林さん。ちなみにこの『家政婦は見た!』はキャバクラなどで一番受けがいいのだとか。の辺りにちょっと矛盾を感じるんだけど…。

 1万円札で折った作品に1万円相当(若しくはそれ以上)の価値を感じないし、やっぱり粗末に扱ってるだけだろ。
[PR]
by Dicco | 2006-12-28 08:35 | 独り言

マンモス再生計画

 海外には精子バンクっていうシステムがあるよね? で、冷凍保存した精子から子供が作れるとしたら、永久凍土に眠るマンモスの精子からマンモスを繁殖させることは出来ないだろうか?という研究をしている人がいるらしい。難しいことは良くわからないけど、その理屈を聞くと出来るんじゃないかな?なんて思ってしまったりして…。
 もしそれが可能だったらちょっと面白いよね。マンモスが復活しちゃうってことでしょ?まぁクローン技術がドンドン進化したら、恐竜の骨から恐竜を復活させたりとか、そういうこともこの先夢ではなくなるのかもしれないし、なんかそういうことを考えていると、凄く未来って興味深かったりして…。

 ちょっと話が逸れるけど、今現在、地球が誕生してからは46億年が経ちます。46億年の歴史を、1年に変換すると(『もし地球が100人の村だったら』みたいな発想ね、つまり地球の誕生が元旦の0時、現在が大晦日の23時59分59秒…)、地球上に生命が誕生したのは、2月の初めくらい。植物が海中に誕生したのは9月くらい。 生物が海から陸に上陸したのは11月なんだって。で、人類が誕生したのは、なんと12月31日 23時49分。
 この11分間の歴史の中で、人類の文明が発展し、そして地球環境が汚染され始めたのはおよそ12月31日23時59分59秒らしい。

 年々進歩していく変わりに、環境はどんどん荒らされていく。このままだと地球が危ない!って言われているけど、地球46億年の歴史の中で、私たち人間が環境を汚染し、地球を危機に追いやるのに掛かった時間は46億年のたった1/86,400年なんだよね。

 話を戻すけど、もし、現代にマンモスや恐竜が復活したとして、彼らは何を感じるのだろうか?まぁ深い眠りから覚める訳ではないから、過去の記憶がある訳ではないんだけどさ、野生の本能が、過去の記憶を持っていたとしたら…なんて考えると、現代に復活するマンモスや恐竜はちょっと可哀想だよね。。。
[PR]
by Dicco | 2006-12-28 08:03 | 独り言

ネットで話題の悲劇

「妻の不倫」割り出し実話 「ガチで泣ける」悲劇的結末
2ちゃんねるの「既婚男性板」と呼ばれる掲示板に端を発する「妻からの間違いメール」という「実話」が話題を呼んでいる。ある日、妻が不倫相手に向けて出したメールが間違って自分に届いたことを、単身赴任中の夫が2ちゃんねるに書き込んだことがきっかけで、妻の浮気を調査、不倫現場を押さえるというドキュメントが展開される。その後、この話は夫の死、という思わぬ形で結末を迎え、読者からは「ガチで泣いた」などのコメントが相次いでいる。

きっかけとなったのは、「既婚男性板」に2006年4月13日に書き込まれた、こんな文章だ。

「現在単身赴任中なんだが嫁からメール来た。 『先週はごめんね(顔文字) 生理終わったからもう大丈夫だよ。 カラオケ終わったらしようね(はーと』俺、先週は家にいませんが?電話してもメールしても嫁はでませんが?」
張り込みで寝室の「現場」を押さえる

書き込んだ人(スレッドの書き込みの番号が847だったことから、後に「847氏」と呼ばれるようになる)の妻が不倫相手に送ろうとしたメールを、間違って夫である847氏に送ってしまった、という内容だ。847氏の書き込みによると、847氏は結婚6年目で、子どもは2人。単身赴任は2年目で、あと1年で終了予定なのだという。

847氏の告白を受けて、スレッドの住人からは

「結婚生活続けるにしても、泳がせて興信所で証拠押さえた方がいい」
などと言ったアドバイスがあり、興信所に調査を依頼することになった。その結果、847氏の妻が子どもを実家に預け、男性とホテルに入ったことがわかり、「クロ」だと判明。847氏は単身赴任のため、すぐに「現場」を押さえにいくことができない。こんな苦しい胸の内を明かす書き込みが、3週間ほど続く。

「なにより子供が気になって仕方がない。幼いのに祖父母に押し付けられて母は他の男と・・・ 考えただけで鬱になりそうだ。俺に対する裏切りより子供に対する裏切りが許せない」
そして、4月28日、847氏は単身赴任先から自宅まで戻り、自宅前で張り込みを決行する。不倫相手が自宅に来ており、寝室の電気が点いているのを確認。そして、「現場」を押さえてしまうことになるのだ。

「寝室の電気が消えて30分位たった8時半過ぎ 音を立てないように鍵を開け家に入る。 そのまま寝室の前へ。つーかあえぎ声聞こえてる。気持ちを落ち着かせてドアを開ける。 『お楽しみの所悪いんだが邪魔するよ』固まる間男(編注: 不倫相手)と嫁。間男は俺が誰か分らず 『なんだお前は!?』とか言い出す」
子どもの将来を見届けられない事態が

妻は泣いて謝罪するも、847氏はとうてい許すことは出来ず、1時間ほど話し合いをした後に、予め用意していた離婚届と離婚協議書を記入、捺印に至る。その後も、妻と、その両親は執拗に復縁を迫るが、847氏は拒否。2人の親権は847氏が持つことになり、妻と子どもは3ヶ月に1度面会日を設ける、ということで決着した。

不倫相手は、妻のパート先の店長で、妻子持ちだった。この不倫がきっかけで、不倫相手は職を失い、妻からも離婚されることになってしまった。

状況が大きく変わったのは、7月2日の書き込みだ。病院で精密検査を受けることになり、検査が苦痛だった、という内容だ。そして、こんな衝撃的な告白をすることになる。

「他にも色々検査やって結果出たら速入院。数日後、手術。 で、結局医者から余命宣告だされてんの。(中略) 体調悪ければすぐに病院行けばよかったと思ったよ。心の底から病院を後回しにしたことを後悔したね。でも病院出て元嫁に『俺、もう少しで死ぬらしいから子供達のことを見られない。親権はお前に譲る』とか言っちゃってんの。ホント俺ってダメ人間。誰か助けてください」
さらに、子どもの将来を見届けられないことを、こう悔やむのだ。

「子供達を元嫁に渡すまで3人で過ごす。幼稚園も休ませて一日中一緒にいる。美味いもの食わせて欲しいもの買って何でもしてやる。それくらいしかしてやれないし。小学校から大学までの入学式、卒業式見たかった。成人式見たかった。結婚式見たかった。孫の顔見たかった。全部無理なんだな」
そして、

「みなさん、本当にありがとうございました。お元気で」
という言葉を最後に、847氏の書き込みは途絶えた。

「こんな救われない話があってよいのか」

それから4ヶ月が立った11月5日、847氏の友人と名乗る人物が、847氏のトリップ(同一人物が書き込んでいることを示す記号のようなもの)を使って、こんな書き込みをした。

「今日、彼の葬儀がありました。 彼の奥さん(元)と子供も葬儀に参加してました」
その3日後には、入院中の847氏を見舞った時のエピソードも紹介している。

「『ホント、(スレッドの住民は)みんな良い奴ばかりだよな。 見ず知らずの人間のこと気にかけてくれて。 あのスレの住人のおかげで色々力付けられたよ』と言ってました。(中略) 酉(編注: トリップ)はその時彼から聞き出しました。 彼の2人の子供の名前でした」
このようにして終末を迎えるのだが、最近になって、再び注目が集まっている。12月18日になって、スレッドの主要部分をまとめたものが「妻からの間違いメール」というタイトルで「萌えた体験談コピペ保管庫」と呼ばれるサイトに掲載され、大量のブックマークがついているのだ。例えば、オンラインブックマークとして有名な「はてなブックマーク」では、すでに800近いブックマークが付いており、こんなコメントが並ぶ。

「まさか こんなオチが 来るとは…(´;ω;`)」
「これ読んで眠れなくなった。こんな救われない話があってよいのか。。。」
「ネタであってほしいと真剣に思ってしまった」「切な過ぎて言葉にならない」
この注目具合からすると、「第2の電車男」として映画化されたりする日も、そんなに遠くはないのかも知れない。


 映画化ねぇ…、いい話はゴロゴロ転がっているけど、電車男は異例だった気がするなぁ…。っていうか、アンハッピーな結末を作品にするのって結構勇気が要る気がする。勿論、世の中には沢山のアンハッピーエンド映画が存在しているけど…。

 それにしても、良い話だ。ネタでも実話でもどちらでも構わない。たまにこういうネットに転がっている良い話を『作り話だ!』『つまらん!』と片付ける人がいるけど、そういう人はフィクションドラマやフィクション映画を一切観ないのだろうか?なんて思う。純粋に良い話は良い話。まぁ良いという表現が本当に良いのかはわからないけど、心が暖まる話だった。
[PR]
by Dicco | 2006-12-28 07:57 | 独り言

SOUL'd OUT

 昨日、ゲームと一緒にCDも購入した。CDを買うのは久し振り〜と思ったけど、確か今月Agnesも買ったんだっけ…。でも、恐らく今月2枚目。ってことで↓これ。

Single Collection (初回限定盤)(DVD付)
SOUL’d OUT / / SE
ISBN : B000K2UDJG
スコア選択: ★★★★☆


 やっぱり良い!何が良いのか説明つかないんだけど、それでも良いの!声も好きだし、リズムも好きだし、ギターも好きだし(ギターはメンバーぢゃないか?)…聴いていて気持ちが良い。ただそれだけ!
 ハッキリ言って、俺はHip-Hop好きじゃなかったんだけどね、でも、何故か三十路を前にしてSOUL'd OUTとZEEBRAだけは急に好きになったんだよね。

 やっぱりシングルス(ベスト)だけあって、聴きやすい曲が揃っているし、SOUL'd OUT初心者のDieとしては「あ、これも彼らだったの?」なんて曲もあったりして…。兎に角、素敵すぎるね。

 でね、話が変わるんだけど、やっぱりメインで歌を聴いているつもりでも、ついつい気になるのがギター。こういうファンキーでソウルフルなギターってのは技術が必要だから聴いていて『あ〜、こんな風に弾けたらなぁ…』なんて思ってしまう。アレンジとしては結構王道だし、こういうタイプを得意とするプレーヤーなら凄く楽ちん♪ってアレンジだと思うんだけど、ロックとかメタルとかばかりやっていたからこういうアレンジ凄く苦手なんだよねぇ〜。もっともっと練習してこういうギターも弾けるようになりたいなぁ…と思う今日この頃。もう少しギターのレベル小さくても格好良さそうだけどね。
[PR]
by Dicco | 2006-12-27 12:18 | 音楽・映像
 昨日、またしてもWiiのソフトを購入してしまいました。いやぁ…填っているなぁ…。操作が新感覚だから色々とやりたくなっちゃうんだよね。まぁ年末だし、良いかぁ。。。wで、昨日購入したソフトは↓これ。

モンスター4×4 ワールドサーキット
/ ユービーアイ ソフト
ISBN : B000KXSE5K
スコア選択:★★★☆☆


 エキサイトトラック(※以下参照)に先駆けて発売されたレースゲーム。まぁモンスターマシンを操縦してレースを行うというシンプルな内容のゲームなんだけど、Dieがこのゲームで惹かれたのは何と言っても『ミニゲーム』が楽しそう♪という所。
 で、帰宅して電源を入れ、チュートリアルを終え、レースをプレイ。で、ミニゲームで遊ぼうかなぁ…と思ったら、ミニゲームは複数のプレーヤーがいないと出来ないらしい。年末に友人の家で遊ぶ予定だからそれまでお預けかなぁ…。でも、レースのみでも結構楽しい。

 勿論、操作はWiiだけにコントローラーを傾けるだけでOKなんだけど、ついつい癖で十字キーを押して車の方向を曲げようとしてしまうの。この辺は慣れだな。もっと破壊的な要素がふんだんに詰まっていると思っていたのでシンプル過ぎる内容にちょっと不満もあったけど、でもみんなで集まってやったらもっと楽しいんだろうなぁ…という期待はある。あとは、この期待が外れないことを願うのみ。

 で、エキサイトトラックは↓これ。

エキサイト トラック
/ 任天堂
ISBN : B000KN213Q
スコア選択: ?????


 1月18日発売予定。こちらはバカ要素たっぷりのレースゲーム。芸術点で競うという内容なのでタイムアタック系が苦手な人でも楽しめるかもしれない!?
[PR]
by Dicco | 2006-12-27 07:16 | 趣味・娯楽

あの兄弟の第一作目。

 忙しいクリスマスも無事終わり、やっとBlogが更新出来ます。はい、勿論嘘です。ずっと引き籠もってました。w

 今月発売されたWii、その魅力のひとつとしてVirtual Console(ファミコンやPCエンジンなんかのソフトをダウンロードして遊べる・以下VC)という機能がある。で、DieがVCの第一歩として選んだソフトが『マリオブラザーズ』。スーパーとかつかないマジでファミコン初期の作品ね。
 ハッキリ言って懐かしい。っていうか難しい。コンテニューという概念すらないこの時代のゲーム、死んだら即ゲームオーバーという、かなりシビアな世界である。

 で、DieがこのゲームをDLしたのには深い理由があってね、このゲーム、普通にクリアしていくより、友達と2人プレイをして殺し合うと凄く楽しいんだ。ただそれだけの理由。全然深くないって?

 Wiiにも言えることなんだけど、ボタンがドンドン増えていく家庭用ゲーム機、年々操作は難しくなり、ゲーマー以外の人が直ぐに楽しめない様な世界と化していた中で、やはり単純に楽しい!と思えるものはシンプルな作品なんじゃないかな?と。今更初期のマリオブラザーズなんて…と思いつつも、やりだしたらその単純明快なルール&操作に填ってしまう。Wiiで再確認出来たその単純な面白さを、ファミコンソフトで再び納得する。これって任天堂の戦略にまんまと填っているんだろうけど、でも、大切なことだと思う。一度輪から外れたら、再び入りにくくなっていたゲームの世界に子供からお年寄りまでいつでも入れる単純さを持ってきてくれたWiiで、年末年始は家族揃って殺し合い。これ、どうよ?

Wii
/ 任天堂
スコア選択: ★★★★
[PR]
by Dicco | 2006-12-26 19:32 | 趣味・娯楽
小林賢太郎プロデュース公演 「PAPER RUNNER」
小林賢太郎 / / ポニーキャニオン
スコア選択: ★★★★★

 先日、ALICEと一緒に購入したDVD『PAPER RUNNER』であるが、昨日やっと観ることが出来た。実は日頃から舞台映像(演劇)に余り慣れていないDieとしては、ちょっと「どうなんだろう?」という不安を抱えていたんだけど、見始めたら、その世界にドップリと填ってしまった。
 集中力がないせいか、映画(DVD)を観ていてもDVDデッキの時間を気にしてあと1時間かぁ…、あと30分かぁ…、なんて考えながら観ちゃうこともあるんだけど、この作品は逆で、あと1時間しかないのかぁ…、あと30分しかないのかぁ…、という具合。時間表示を見る癖は一緒なんだけどね。w

 この作品を観ながらちょっと思ったことがあって、この作品に登場する渦巻仁(片桐仁氏)がパイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパロウ(ジョニー・デップ氏)に似ているなぁ…って。こんな発言したら、多分、ジョニーのファンには怒られるんだろうけど、荒々しくいい加減そうなオーラ、男らしさが凄く似ていた気がした。

 DVDが始まって最初のうちは、ちょっと癖が多いキャラに嫌悪感を抱いていたんだけど、作品が終わってみると、全てのキャラに愛情さえ感じていた。そして感じたのは、このキャラの強さ(味)があるからこそ、“小林賢太郎の世界”に引き込まれていくのだろうということ。

 小林賢太郎氏の書く脚本でDieが凄く好きなのは、コメディーに終わらないと言うこと。笑いが溢れて、非日常的で、非現実的で、そんな世界の中で、凄く共感できる感動が詰まっているということ。これって、ちょっと、海外のコメディー映画やドラマに多い手法な気がする。ただ、海外物だと、やっぱり文化の違いや価値観の違いで、感動が軽かったりもするのだが、やはり日本人の作った作品だけあって、笑いも感動も素直に胸に突き刺さってくる。不器用に、それでも必死に演じる片桐仁氏がDieは大好きだが、やはり、器用で知的で、ちょっとクールだけど、実は努力家の小林賢太郎氏もどんどん好きになっていく。
 ラーメンズという2人のコンビが織りなす世界観以外の作品も、これからどんどん観ていきたい!と思わせてくれる、そんな魅力が詰まった1本だった(実際は零の箱式にて2人以外が加わった作品は観ているが)。
[PR]
by Dicco | 2006-12-22 16:17 | 音楽・映像
「はなまるマーケット」紹介のトイレ掃除法で便器破損のおそれ
TBSは2006年12月19日、情報番組「はなまるマーケット」で紹介したトイレの掃除方法で便器が破損するおそれがあるとして、この方法を試さないよう、同番組と番組ウェブサイトで呼びかけを行った。同番組が15日放送した「ツキを呼ぶ?!トイレ快適術!」という特集の中で、「プロが教えるテクニック」のひとつとして、便器を掃除する際に熱湯をかけると「熱湯消毒になり、汚れをやわらかくする」などと紹介、実際にスタジオで実演した。だが、放送後に視聴者から「便器にひびが入った」などと指摘があったという。同番組のウェブサイトでは、「急激な温度変化により表面にひびが入り、 便器が破損する恐れがあります。申しわけありませんが、この方法はお試しにならないようくれぐれもお願い申し上げます」と呼びかけている。

 放送前に製造メーカーなんかに確認しなかったのかねぇ…。っていうか、そんなリスクを伴うのに、本当にプロの技なのかな?師走の忙しい時期にトイレ破壊されたんじゃたまったもんじゃないね。手間の掛かる掃除を楽に終わらせたいって人が試したんだろうけど、まさに急がば回れ状態??

 あ、でも、急激な温度変化で便器が破損するなら、通信販売なんかでやっているスチームクリーナーも危ないってことになるよね?
[PR]
by Dicco | 2006-12-21 17:03 | 独り言

ドラマが与えたもの

 今日、最終回を迎えた『14歳の母』。今クールで唯一見ていたドラマなんだけど、何となく尻つぼみな感じで終わっちゃった感じが強い。どちらかと言えば、アンハッピーエンドにすべきストーリーだったんぢゃないかな?なんて思っているんだけど、オフィシャルサイトのBBSに寄せられた感想を読んでみるとハッピーエンドを望んでいる人も結構いた。

 で、このドラマのオフィシャルサイトに書き込まれたもので▼こんなものがある。

○○○さん 10歳〜19歳・女
すごく勉強になります☆☆私も未希みたいに赤ちゃんが欲しいと思いました。中学は学校行かなくても未希みたいに卒業できるなら中1で赤ちゃん産んで卒業まで育てれば、保育所に預けて高校に行けるし、遊べるし、オシャレできるしいいと思います。若いお母さんだと自慢になるし、彼氏が働いて16才になったら結婚すればいいと思います。
投稿日:2006/12/06 17:58:53


 これ、2ちゃんで話題になってたみたいだけど、ドラマをハッピーエンドに終わらせたことで、こういう甘い考えをより育ててしまったのではないかな?と、不安もある。

 14歳が出産をすること、それが良いことか悪いことか、と問われたら、答えを出すことは難しい。しかし、妊娠したのなら、中絶するよりは出産するべき、というのがDieの考え方である。ただ、出産や中絶以前に、妊娠するということがどういうことなのか、その辺りをもっと深刻に考えさせる内容にしても良かったのではないか?というのがDieの率直な感想である。
 ドラマを見ていて感じたことは、“出来ちゃったものは仕方がない、でも、どうにかすればどうにでもなる”みたいな安易な考え方を植え付けるような展開だったと思う。苦しいことも悲しいことも辛いことも、全て美化して、寧ろ14歳で子供を産む女性が格好良い!素晴らしい!という意識を芽生えさせてはいないだろうか?

 TVが与える影響力を、制作者側はもっと深く理解してドラマ制作をして欲しい。特にこの様な重いテーマを扱った作品に関しては、ただ一時の話題性で済ませて欲しくはない。と思うDieなのでした。

※勢いで書いてたから支離滅裂だな。。。汗;
[PR]
by Dicco | 2006-12-20 23:51 | 独り言

流石は神。

Excite エキサイト : スポーツニュース
d0053133_16533011.jpg WBA世界Lフライ級タイトルマッチ(20日、有明コロシアム)完全リニューアルで勝負や! 前日計量が19日、都内で行われ、王者・亀田興毅(20)が48.8キロ、挑戦者フアン・ランダエタ(28)は48.9キロ(リミット)でともに一発クリア。亀田は黒人アスリートのようなハーフモヒカン姿で登場。恒例のメンチ切りも“王者の風格”で封印した。決戦当日の20日には亀田切手も発売され、生まれ変わった“新亀パワー”で、宿敵を叩きのめす。
 よく見てみい。口は使わない。風貌で威嚇する。これも闘拳流のサプライズだ。2人の外国人ボディーガードを従えて計量会場入りした亀田のヘアスタイルに、熱い視線が集中した。

 頭頂部の周囲だけを残して、まわりを刈り上げたハーフモヒカン。かつて人類最速だった陸上男子100メートルのカール・ルイス(米国)を思い起こさせる。スキンヘッドのように短く刈っていたこれまでと、雰囲気を一変させた。
 「いかつくなったな。オレのアイデアや。20代最初の試合やし、何もかも新しくした」

 8日の公開練習では、過去12戦のように前進して圧力をかけ続けるファイトスタイルから、ジャブを放ちフットワークも使う闘い方に変貌。減量も時間をかけずに、試合直前に一気に落とす方法に改めた。そんな“リニューアル”を象徴するのがこのヘアスタイル。
 9月下旬に東京で行われたWBA(世界ボクシング協会)年次総会に出席した際にはこれまでのスキンヘッド風だったが、その後の会見や公開練習では帽子やバンダナで、隠し続けた。約3カ月間をかけた“力作”。ルイスのように、しなやかなスピードを生かし“秒殺”でゴールへ駆け込む意気込みの表れだ。
 リングへの入場方法も変わる。前回は特設のエレベーターでせり上がってきたが、「楽しみにしといて」という亀田をはじめ、関係者が口を閉ざす極秘扱い。空中から登場することも考えられ、試合当日のサプライズ。会場も亀田ワールドに引きずり込む。

d0053133_16531492.jpg これまで計量時に見せてきた恒例のメンチ切りも、封印した。「王者の風格や」とさりげないさまも、今までの亀田に見られなかった落ち着き。「バチバチしばくだけ。あっけなく倒れられても困る。最後までドつきあいしたる」。4カ月前のテツは踏まない。何から何まで生まれ変わった亀田が新たにバージョンアップ。嵐の前の静けさ。吹き荒れたバッシングを叩き壊すときがきた。
〔写真:どや、似合うか! 亀田がハーフモヒカン姿で登場。カール・ルイスを思い起こさせ、“秒殺”で駆け抜ける?〕


 何だ?この髪型。。。流石は芸人・亀田さん、笑われるためなら体を張ることを惜しまない。それにしてもマジでやっているように見えるから余計に笑える。この計算され尽くした笑いはもう神の領域だな。w
[PR]
by Dicco | 2006-12-20 16:49 | 独り言